Practical Cushion System ~SOCS~

 ビリヤードアプリ第2弾!

 ご好評いただいている、あの「実戦で使えるクッションシステム」がついにアプリになりました!

 

・Sugimoto's Original Cushion System、略して「SOCSです。一時期、ひたすらクッションを研究していた事があって、これはその時の研究成果です。本にのっているシステムはだいたいキャロムのシステムですが、「SOCSはポケットで実用できるように、改良したクッションシステムです。5&Hやプラス2などのおなじみのシステムだけでなく、独自のシステムも多数編み出しました。本当は、あまり人に教えたくはないのですが...

 

※SOCSは、ブランズウィックの標準的なクッション、ラシャの重さが普通ぐらいのテーブルを基準にしています。ガリオンなどのクッションの遅いテーブルや、ラシャの重さ、プレイヤーの撞き方の違いによって多少の補正が必要です。

 

 

対応機種: Android, iPad, iPhone

 

タイトル画面
タイトル画面
設定画面
設定画面


システムの選択

・14種類のクッションシステムを用意しています。

[Bank]

 俗にいう4かけシステムをベースにしています。

[Half V]

 短クッションが最終目標のバンクシステム。

[Umbrella V]

 短→長→短のバンクシステム。

[Double Bank]

 バンクでもう一息。

[Long Bank]

 俗にいう縦バンクです。SOCSの縦バンクは、ポケットを狙うというより、長クッション際の先玉に当てるのが目的です。

[Goto Side1,2,3]

 ジャパン向け、サイド狙い3パターンです。

[Five & Half]

 This is the cushion system!

[3C Corner]

 This is the cushion system too!

[Plus 2]

 これも定番ですが、SOCSは狙い方がちょっと違います。

[Half Plus2]

 完全オリジナルです。

[Seven]

 セブンシステムにひねりの要素も加味しています。

[3C Diamond]

 長矢プロのクッションシステムの引用です。


メイン画面

・青の数字

 手玉の位置です。手玉をドラッグするか、直接数字をタップして操作します。

黄色の数字

 先玉(最終目的)の位置です。手玉と同じく、先玉をドラッグするか、直接数字をタップして操作します。

赤の数字

 第一クッションの狙い点です。

[右上の赤のタブ]

 日本語選択時のみ。ひっばると解説が出てきます。

[青の枠内]

 soft(弱), mid(中), hard(強)からショットスピードを選択します。システムによって選べる強さに制限があります。

[緑の枠内]

 ne(ひねりなし), 1e(1のひねり=長の距離を往復させて1ポイント開くひねり), 3e(3のひねり), max(最大限のひねり)からひねり具合を選択します。システムによって選べるひねりに制限があります。

 

 

 

・解説タブ