特に質問とかされてませんが、「POOL TIGER」でたぶん困っているだろうなぁという「POOL TIGER」あるあるを、勝手にチョイスしてQ&Aを作ってみました。

POOL TIGER 勝手にあるあるQ&A


Q. Straight Poolのセーフティやファウルの入力がうまくいきません。

A.

 たとえば、相手が4つ入れて、セーテフィしたとすると、「-4」「S」(相手)ですよね。同じように、相手が4つ入れてシュートミスした後、自分がセーフティした場合も「-4」(相手)「S」(自分)ですよね。これだと両者の区別ができないので、後者の場合は「-4」(相手)「-」「S」(自分、0個入れてセーフティ)という風に区別しています。ファウルも同じです。

Q. Staright Poolでの取切(Finish)と終了(quit)の区別がよくわかりません。

A.

 普通は「取切」を使います。たとえば、あと4球であがりで、そのまま取り切ってゲームセットした場合、そのまま「取切」です。自動的にスコアに残りの4がプラスされて、ゲーム終了になります。

 「終了」は、たとえば、一人で練習しているとき、あと4球であがりで取り切った。けど、ランがどれだけ続くか試したいので、そのまま続けた。

そして、10球入れて外した。その場合、「-10」「終了」です。

 両者の違いは、シュート率を考えた場合、前者よりも後者のほうが、ミスした分、シュート数が1つ多くなるという事です。

 

Q. Straight Poolのラックまたぎの効果音はもしかして・・・

A.

 気のせいです。あのイントロとは一切関係ありません(イントロっというてもうてるし)。

Q. Straight Poolって何ですか?

A.

 日本では14-1(フォーティーン・ワン)という言い方の方が一般的です。僕が一番好きなゲームです。

Q.Android版で、誤って戻るボタンを押してしまうと、アプリが終了してしまうので、何とかなりませんか?

A.

 結論から言うと対応できません。
 理由としては、まず第一に、Androidでのアプリ開発の方法は、大きく分けて、Java(Native言語といい、細かい動作まで制御でき、処理速度が速い)で作る方法と、Javascript(Web開発と同様の手法、iPad, iPhoneと互換性があり開発効率がいい)の2つありますが、POOL TIGERは、後者の方になります。Javaの場合、戻るボタンを押した時に、「終了しますか?」等の確認メッセージを出す事も可能ですが、Javascriptの場合、戻るボタンを押した事を検知できません。
 システムバー(戻るボタンやホームボタンがあるバー)を隠す方法も探してみましたが、Javascriptでは無理みたいでした。
 解決方法は、Javaで作りなおすか、Javascriptの場合は、何か動作するたびにすべての内部的なデータを保存しておいて、次回立ち上げた時、そのデータを読み込んで、さらに、その時の画面の表示状態を、複雑なロジックを組んで再現するしか方法がなく、別のバグを生み出す事はほぼ確実で、しかもものすごい作業量になります。
 Androidの標準的な動きとして、戻るボタンでシャットダウン、ホームボタン(家の形のボタン)で現状保持で終了です。他のアプリでも基本的には同じだと思います。上記のような無理やり戻るボタンを制御しているアプリもありますが、基本的には、戻るボタンを押さないように気をつけてもらうしかありません。

 

Q.プレイヤー名に漢字が使えるようにできないですか?

A.

 プレイヤーの名前をアルファベットのみにしている理由は4つあります。

 

【理由1】検索がめんどくさい

 ・たとえば、「SUGIMOTO」の場合「S」で検索できますが、「杉本」の場合、「S」でも「す」でも検索できません。理由は、データの中に読み仮名がないからです。読み仮名ありにすれば可能ですが、逆に登録するのがめんどくなります。

 ・あと、技術的な事を言えば、Windows PCでEXcelが入っている場合、Excelには漢字を読み仮名に変換する機能があるので、プログラムからその機能を呼び出せば、ひらがなによる検索も可能です。ただ、対象機種はiPadとAndroidなので。。。

【理由2】表示くずれがおこる

 ・端末によって、半角と全角の文字の高さが微妙に違います、今まではプレイヤー名は半角という前提でアプリ制作してきたので、全角ありにしたら、ほぼすべてのページで全角による表示くずれがないか検証しないといけなくなる。一人で開発してるので・・・

【理由3】個人情報に関わってくるから

 ・POOL TIGERは、不特定多数の人たちとデータを共有するので、セキュリティや個人情報の扱いには注意が必要になります。漢字でフルネームを入力した場合、個人が特定されてしまう可能性が高くなるので、何らかのトラブルの確率が高くなります。ローマ字で「SUGIMOTO」とした場合、データを共有すると、どこの杉本かわからなくなるので、MEMOという属性で判断できようにしています。

【理由4】世界展開を視野に入れているため

 ・2~3年日本で問題なく運用できれば、POOL TIGERを世界展開していこうと考えています。世界ランキングなどの表示も可能なため、全角文字を使うと、外国の人には違和感がでる。

Q.データ同期(Sync)中にエラーが出たのですが、どうしたらいいですか?

A.

 電波の状況や、サーバーの負荷の状態によってアクセスエラーが出る事があります。そのままだとデータに欠落がある場合があるので、念のため、電波のよい所でもう一度Syncを行ってから、ご使用下さい。

 

 

Q.以前作成したプレイヤーのデータが、消えているんですが・・・

A.データベースにゴミ(試しに適当に作ってほったらかしにされているプレイヤーや、全く使用されていないプレイヤー)のデータを削除する事により、みんなが使い易い環境を維持しています。

 具体的には、一年間アクセス履歴のないプレイヤーのデータは自動的に夜間に削除されます。

 ゲームを終了する時に、データを保存しなければ、アクセス履歴が残らないのため、削除対象となりますので注意して下さい。

 そもそもデータを保存しないのであれば、いちいちプレイヤーを作成せずに、ゲストプレイヤーでプレイした方が賢明です。

 

Q.知らない間に、クラスが「Pro」から「SA」になっていました。アカウント編集画面でも、クラスは変更できなくなっています。

A.データ登録時には、自分のスキル(クラス)を自己申告で登録しますが、試合を重ねていくと、その結果によってレーティングが確定します。レーティングが確定されると、そのレーティングに応じたクラスに再設定され。変更不可になります。

 特に、Proで登録されているプレイヤーは、お店を経営されていて、お客さん相手に多少手加減したりすると思うので、どうしてもレーティングは実力よりも下がる事が多いようです。また、ビリヤードは、トッププロでもない限り、実際にはSAもProも実力的には大差ない場合が多いと思いますが、POOL TIGERでは便宜上、Pro>SA>A>B>C>ビギナーという風に厳格に格付けしているので、多少Proには厳しめのレーティング設定になっているかもしれません。

 Proにクラスを戻すには、勝ちまくってレーティングを上げるより方法がありません。

 あくまでも、メインはアマチュアを対象としているので、そのあたりはご理解いただきますようお願いします。

 

Q.所属店舗に、管理者が一人もいないので、管理者権限を誰も持てません。(ver6)

A.管理者権限は、管理者のみが付与することがてきるので、所属店舗内に管理者が一人もいない場合、誰も管理者にはなれません。

 ver6にアップグレード時に、管理者とおぼしきプレイヤーは、こちらで管理者に指定させてもらいました。管理者が誰かこちらで判断つかない店舗につきましては、管理者は設定していません。

 所属店舗に管理者が誰もいない場合、「お問い合わせ」より申請してもらえば、管理者に設定させてもらいます(こちらの判断で、却下する場合もあります。)。

 グループや、APAチームについても同様です。

Q.友達がPOOL TIGERを使っていて、自分もPOOL TIGERを購入しようと思うんですが、友達の端末にある私のデータを引き継ぐ事は可能でしょうか?

A.POOL TIGERは全てのデータをクラウドで管理しているので可能です。POOL TIGERを購入して、最初に起ちあげるとログイン画面が表示されるので、そこで国・地域・所属店舗で条件を絞って、「既存データ」で自分のデータを選択してください。ただし、既存データを使用するにあたって、パスワードの入力を求められるので、前もって友達にパスワードを設定してもらっておいてください。

Q.最近、お店にPOOL TIGERを導入しました。お客さんをプレイヤー登録したいんですが、人によっては他人にデータを見られたくない人もいるとおもうんですが・・・

A.最初にPOOL TIGERをダウンロードして立ち上げた時に、ログイン情報の入力が求められます。そこで登録したプレイヤーがアカウントプレイヤーとなります。ログイン時に、データが公開される事に同意しないといけないので、アカウントプレイヤーのデータ公開範囲の初期値は「公開」になっています。

 しかし、後から追加するプレイヤー(この場合お客さん)は、利用規約に同意しているわけではないので、データ公開範囲は「所属店舗内」になっていて、同じ店舗に所属する人からしかデータを見る事ができません。

 その辺りの事を危惧して、データを保存しない人もいますが、データを保存しないと、当然対戦成績やレーティングシステムといったPOOL TIGERの機能を有効活用できないので、特に試し操作とかじゃない限り、データの保存をお勧めします。ちなみに、データを保存しなければ、クラウド上のデータベースの最終アクセス日時が更新されないので、そのプレイヤーは使用されていないと判断され、1年後に自動的にデータベースから削除されます。

 データ公開範囲の変更や確認は[Data]からできます。

 非公開の対象は、対戦成績やレーティング、アベレージなどの情報だけで、名前やメモは常に公開対象です(非公開にするとプレイヤー選択ができないため)。なので、名前やメモに、個人情報に関わるような漢字フルネームやメールアドレスなどは、絶対に登録しないで下さい。

Q.データ公開範囲を「所属店舗内」に変更したんですが、特に何も変わっていないようにおもうんですが・・・

A.同じ店舗に所属するプレイヤーについては、見た目上特に何も変わりません。ただし、別の店舗に所属するプレイヤーの端末から見た場合、「Ranking」や「Lounge」で名前が「****」という風に伏字になります。ちなみに、POOL TIGERをインストールした時に作成するアカウントプレイヤーは、データ公開範囲の初期値が「公開」になっています。逆に後から追加したプレイヤーについては初期値が「所属店舗内」になっています。

Q. プレイヤーを新規登録する時に、確定ボタンがなくて登録できません。

 最近のAndroidは、画面を広く使うためにナビゲーションバー(画面下の◁○□のやつ)を非表示にできるようななりました。以前から、戻るボタンを間違って押してしまうのでどうにかならないかという問い合わせがAndroidでよくあったんですが、これにより間違ってアプリを終了してしまう心配は無くなりました。

 ただ、Androidのバグだと思うんですが、プレイヤー登録などの時に文字を入力する場合、なぜかナビゲーションバーが表示されて消えなくなります。そのためナビゲーションバーにOKボタンが隠れてしまって見えないという現象があります。

 端末の問題なので、こちらではどうしようもないのですが、ナビゲーションバーが消えなくなった場合は、□ボタン(中断)で一旦アプリを中断した状態で、再度POOL TIGERを選択すると元に戻ります。もしくは、画面の最上部を下にスワイプすると、通知アラートのリストが表示されるので、それを隠すとナビゲーションバーもなぜか消えます。

 ちょっと面倒ですが、今のところその2つしか対処法はなさそうです。

Q. ぶっちゃけPOOL TIGERの評判ってどうなんですか?

 このホームページを見て、初めて「POOL TIGER」というアプリを知った人も多いと思います。インターネットで調べても、話題にしてる人が全くいないので、「このアプリ使えるんかなあ」と思っている人も多いみたいです。

 ぶっちゃけて言うと、Pool Manager House Editionのリリースから3年間で、累計700近く(有料版のみ)のダウンロードがあります。そのうち、1年以上アクセスがなければ自動的にアカウントが削除されますが、現状200ユーザーぐらいのアカウントしか残っていないので、半数以上のユーザーは今は使っていないという事になります。

 700近くもダウンロードされているのに、アプリストアのレビューはほとんどありません。よく、☆5と絶賛のレビューがいっぱいあるアプリを見かけますが、あれはほとんどサクラです。開発会社の社員や知人、専門の業者にレビューの依頼をしている場合がほとんどです。自分に置き換えてもらえばわかると思いますが、今までダウンロードしたアプリで、ポイントみたいなのがもらえたりでもしない限り、いちいちレビューとか書いたことがある人がどれだけいるでしょうか?レビューを書く理由のほとんどは、腹立ちまぎれです。

 そう考えると、700近くのダウンロードがあるにも関わらず、悪口もほとんど全くないというのは、ほとんど奇跡的です。

 それでも半数以上のユーザーは離れていっています。これもまた事実です。

 もともとPOOL TIGERはタブレット専用アプリでした。電光の得点版みたいなのを作りたかったのですが、それをスマホサイズにしても絶対使いづらいのはわかりきっていたからです。

 ところが、タブレットを持っている人はすごく少ない上に、重いから持ち歩かないという人がほとんどです。なので、スマホ対応してほしいという声がずっとありました。

 最初は「アプリのよさがわからないので」という理由で断っていましたが、私自身、自転車で玉屋めぐりをよくするのですが、正直タブレットはかさばります。一人14.1とかボーラードする分には、全然スマホでも問題ない事はわかっていたので、自分が使う目的もありリリースしました。

 離れていった人の大半は、スマホじゃ使いづらいのが原因だと思います。ゲームだと思ってダウンロードした人も、結構いるみたいです。

 あと最近のアンドロイド端末の不具合で、文字入力のキーボードがでると、ナビゲーションバー(画面下の◁○□のやつ)が消えなくなって、確定ボタンが押せないというのがあるんですが(ひとつ前のQ&A参照)、Androidの端末を新しく買いかえた時に、その現象を解決できなくて・・・というのもあるみたいです。

 「そんなにいいアプリなら口コミで広がるはず」というふうな意見もあると思いますが、影響力のある人ほど商売に利用されるのが嫌なので、「商売がらみの記事は書かない事にしている」という人がほとんどです。

 昔からすごく贔屓にしてもらっているヘビーユーザーも結構いますが、普通ならそういう人達が「すごいアプリがある!」的な宣伝をしてくれるんだと思いますが、そういう広告塔の役割をしてくれるユーザーは残念ながら一人もいません。その辺りが、もひとつ世の中にPOOL TIGERが認知されない最大の理由でしょうか。そこは、私の不徳のいたすところでもあります。

 そういう感じで認知度はまだまだかなり低いですが、「すごい」といわれる事はあっても、これまで一度も「しょぼい」とか「使えない」とかいうような事を言われたことはありません。

 14-1やローテーション・ジャパン(5-9)などは、一度POOL TIGERを使うと、黒板には戻れないという声もよく聞きます。最近は、JPAが流行ってますが、JPAでの利用も急増中です。

 まずは、無料版(「POOL TIGER for FREE」)からお試しください。