玉屋めぐりの旅

 私がビリヤードを始めたのは、1999年。ちょうどCUE'Sが発売されたぐらいの時でした。

 当時、私は東京でビルの窓拭きをしていて、都内各所の現場を回りながら、帰りにその現場の近くの玉屋を探しては勝負を挑む、という毎日で、全然下手くそでしたが、毎回、全然実力のわからない未知の相手と勝負するというドキドキ感がたまりませんでした。

 そういう経験があるせいか、未だに、同じところで顔なじみと撞くより、全然しらない店で、初対面の人と撞く方がわくわくします。そういうドキドキ・ワクワク感を求めて、突然、玉屋めぐりの一人旅に出掛けたりします。これまで、沖縄・フィリピン・LA・ラスベガス・京都・大阪~愛媛(自転車)などに修行に行きました。

 それぞれ、いろんな出会いや思い出・出来事があって、とてもいい経験でしたが、デジカメもスマホも持っていなかったので、残念ながら、何も残っていません。

 もうおっさんなので、この先、どれだけそういう経験ができるかわかりませんが、今後はできる限り、記録を残して、みなさんと共有できたらなと思っています。

 私の記事を見て、同じように自転車で玉屋めぐりをしたいという人が出てきてくれたらうれしいです。


自転車用、KAZUsoftwareオリジナルキューケース

 私が自転車で玉屋めぐりをする時に、使っているキューケースです。

 嫁の手作りなので、あまり難しい事はできませんが、できる範囲で、オーダーメードさせていただく事も可能です。

 もともと女性用におしゃれで低価格のものを提供する目的で作ったものなので、今のところ女性用のデザインしかありませんが、要望があれば男性用のデザインも制作させていただきます。

今を遡る事、約10年・・・

 たまたま、テレビで「サザエさん」を見ていた私は、思わず「おれが求めてたのはこれや!」と叫んでいました。

 タラちゃんが、一人で三輪車に乗って冒険に出かけるという話でした。

 それから、一か月・・・

 なまりになまっていた体を鍛え直し、背中にキューを背負って、大阪の堺から愛媛の松山に向けて、自転車で関西・中国・四国の玉屋破りの修行に出かけたのでした。(2~3年前、誰かが似たような事をしていましたが、私が元祖です。)

特注キューケース

 そのチャーリー&ビリーの旅のために、ある洋裁屋さんに特注したのが、左のキューケースです(右は、これも愛用のハードケースです)。

 メーカーからも背中に背負えるような筒状のキューケースが販売されていましたが、自転車に乗りながらとなると、どうしても中で「からんころん」となってキューが傷んでしまいます。また、長距離走るにはちょっと重いです。修行のイメージから、剣道の竹刀袋みたいなのが欲しかったというのが、一番の動機ですが・・・。

 あれから、10年近く経ちますが、布製品にもかかわらず、特に穴が空いたりもなく、未だに現役です。

 「POOL TIGER」を使っていると結構「それ何ですか?」と声をかけられる事も多いですが、このキューケースも結構珍しがられる事が多かったです。

 昨今のエコ&健康ブームによって、なにげにチャリンコが熱いです。ソフト開発もひと段落した今、他の事でもビリヤードの活性化に役立てるのでは!?というのが、「たまねこ」誕生のきっかけです。

 自転車に限らず、軽くて嵩張らないので、ちょっと持ち歩く分にも重宝しています。



特徴

・口は。紐でしばります。

・底が抜けないように、布を二重にして、丈夫に作ってあります。

・基本的に2B×2Sまでは許容できる作りになっています。

・ストラップの根本に「たまねこ」のロゴが入っています。

・ストラップは脱着可能で、長さも調節できます。

・急なにわか雨でもぬれないように、防水ビニールを同胞しています。



ご注文

 注文のご依頼や、質問等あればは、お問い合わせよりお願いします。


販売協力店募集!

 安くて、カジュアルな製品ですので、ビリヤードを始めたての学生さんや女性が多いお店では、もってこいのアイテムだと思います。

 少しでも興味がありましたら、お気軽に「お問い合わせ」よりお願いします。