この「アプリ開発入門」では、主に「ウェブビュー」でのアプリ開発について解説していきますが、他にどんな開発手法があるかも、一応紹介しておきます。

ネイティブアプリ

 モバイルアプリ開発の基本形です。

 AndroidならJava、iOS(iPadやiPhone)ならObjective-CもしくはSwiftと呼ばれる、その端末が一番理解しやすい言語で開発する手法です。

 その端末が一番理解しやすい言語で開発するので、端末の性能を最大限に引き出せます。

 ただし、JavaやObjective-Cは高度な言語なので、プログラミング経験のない人には、かなり敷居が高いです。また、がんばって習得したとしても、「ウェブビュー」に比べると、開発スピードは格段に落ちます。

Titanium

 一時期この「Titanium」というのが、すごく流行った時期があります。「Titanium」とは何かというと、本来はAndroidはJava、iOSはObjective-Cというふうに、全く別の開発言語で開発する必要があったのを、javascriptという比較的簡易で一般的によく使われている言語で開発できて、しかも、ネイティブ並みに端末の性能を引き出せる(最終的には、JavaやObjective-Cに内部変換されている)というものです。今でも結構使っている人は多いと思います。

 私も使った事がありますが、すごくくせが強くて(バグも多い)、「まだネイティブで作ったほうが速いんじゃないか?」という印象でした。慣れれば、サクサク開発できるのかもしれませんが、javascriptで作るといっても、結局AndroidとiOSで別の処理が必要な場合が多く、またこの「Titanium」自体、大掛かりなシステムなので、モバイル端末やシステム開発の技術の進歩に、ついていけてない感があります。


 「Titanium公式マニュアル」

React Native

 iOS・Android供に、javascriptで開発できて、最終的にはネイティブの API で動くという、どこかで聞いた事のあるような、最近人気急上昇中のフレームワークです。

 Facebook社製という事もあり、また最新のフレームワークでもあるので、Titaniumに比べて、かなりの面で改善はされているみたいです。

 ただ、便利アイテムの項で詳しく説明していますが、基本的にReact.jsがベースになっているので、どうしても使う気になれません。

 使った事がないのではっきりした事は言えませんが、改善されているとは言え、Titaniumの二の舞になる匂いがプンプンします。

ウェブビュー

 かつては「ウェブビュー」というと、「動きがもっさりしている」とか「UIがしょぼい」という印象でした。それが、ここ数年で状況が一変しました。

 HTML5やCSS3といった最新技術の登場や、また端末自体の性能の飛躍的な向上によって、一躍「ウェブビュー」が再注目されるようになってきました。

 ネイティブ言語に比べると、やはり処理速度は落ちますが、「モンハンみたいなのを作りたい」とかいうのでなければ、全然ウェブビューで十分です。だいたい個人で「モンハンみたいなもの」は作れないです。

 最近になって、Swiftといった比較的容易な言語も登場して、iOSのネイティブ言語開発の敷居がぐっとさがりましたが、それでもSwiftはMacやiOSでしか動作しません。iOSアプリ開発一本に絞るのであればそれもありだと思いますが、それでも開発効率でいえば、ウェブビューの敵ではありません。

 「ウェブビュー」はHTML(+CSS+Javascript)で制作しますが、これはWebページと全く同じしくみなので、「ウェブビュー」をマスターすれば、必然的にWebページもつくれるようになります。